本文へスキップ

更年期障害対策~ツボ指圧で改善~

更年期障害の対策~ツボ指圧~

更年期障害の対策 ~ツボ指圧~

めまいやのぼせ、肩こり、頭痛など更年期障害には色々な症状がありますが、どれも辛いものです。
更年期障害の症状を和らげるための対策方法には薬の服用や運動などと言ったものもありますが、手軽に始めることができる対策方法としてはツボの指圧がお勧めです。ツボの位置さえ覚えておけばいつでもどこでも行うことができ、辛い更年期障害の症状を緩和することができます。

まずは三陰交と言うホルモン分泌を促進する効果がある部分を指圧します。足の内側のくるぶしの上から指4本分のところにあります。ここを親指を使って力を強めに3秒押し込むようにします。ゆっくりと離して、また3秒押す。これを10j回ほど繰り返し行いましょう。この三陰交を指圧することによって生理痛や冷え性なども改善する効果があるとされています。
次に、太衝と言う更年期障害の症状でも多いのぼせに効果のあるツボを指圧します。足の親指と人差し指の骨が合わさっている部分に指を当てて、軽くこすると自然に指が止まる部分がありますが、この部分を押さえてみると痛みを感じます。ここを少し強めにグーッと3秒押し込むようにします。そしてゆっくりと離しまた押すようにするのを10回ほど繰り返しましょう。この太衝はイライラを静める効果も期待できます。
次に冷えや頭痛に効果のある血海を指圧します。ひざの皿の内側から指4本分ほどの部分で押さえると痛みを感じるところです。ここを親指を使って3秒押し込んでゆっくりと離し、また押すを10回ほど繰り返しましょう。

ツボをできるだけ毎日継続して刺激することによって血行促進、自律神経のバランスを整える効果も期待することができます。

更年期障害のツボ指圧法


メニュービルダークリニック