本文へスキップ

更年期障害対策 ~食事で改善~

更年期障害の対策~食事で改善~

更年期障害の対策 ~食事で改善~

一般的に更年期は、閉経となる前後の10年間の時期をいいます。閉経は50歳頃になるため、45歳から55歳の年齢の時期に現れる症状を、更年期障害といわれています。
この更年期障害は、卵巣機能が低下することにより女性ホルモンのエストロゲンが減少して、ホルモンのバランスが乱れて引き起こされるようです。さらに、ホルモンのバランスが乱れることが自律神経に影響を及ぼすため、ほてりやのぼせのホットフラッシュや、イライラなどの身体の不調がでることになります。

更年期障害の対策方法にはいくつかありますが、食事も対策のひとつになります。大切なのは、食事に含まれる栄養素になります。ホルモンや自律神経を整えるためには、ビタミンや亜鉛、大豆イソフラボンなどの栄養素を、積極的に摂り入れることが重要になってきます。
亜鉛は、卵巣に含まれているので、減少していくホルモンのバランスを、整えてくれることが期待されるものです。牡蠣やレバーなどを使った料理がいいでしょう。
大豆イソフラボンは、エストロゲンと似た働きをもっているため、ホットフラッシュやめまいなどの症状を和らげてくれます。豆腐や納豆などの食材がいいでしょう。
ビタミンEは血流を良くしてくれたり、ビタミンB1・B12は更年期のストレス対策に効果があるといわれています。豚肉やあさりなどに含まれています。
更年期障害の対策には、バランスのとれた食事を心がけて、生活習慣を改善することも大切になるでしょう。

更年期障害に効く食事


メニュービルダークリニック