本文へスキップ

更年期障害の症状について紹介しています。

更年期障害の症状

更年期障害の症状

女性は、十代前半で初潮を迎えてから毎月生理という習慣があり、生理がなくなる閉経まで付きあっていかなければなりません。途中で妊娠や出産時期には生理が止まることはあるものの、現代女性は少子化の傾向にあり、閉経までずっと途切れることなく生理がある方も増えています。そんな女性たちが、閉経の前後約十年間の間に悩まされる更年期障害、個人差はあるものの、日常生活が普通に営めなくなってしまうほど、辛い症状に悩まされている方も多く、最近は病院で治療を受ける方も増えています。婦人科を受診すれば、問診で更年期症状をチェックし、血液検査やホルモン量の検査などで更年期障害と診断されれば、薬物療法などが行われます。

更年期障害では、突然のほてりやのぼせ、発汗や冷え、動悸やめまい、耳鳴りなどが現れることも多く、周りからはわからない症状でもあるため理解が得られず、精神的なストレスとなってしまう方も多いといわれています。またイライラや不安、わけもなく気分が沈み涙が出るなど、自分で自分の感情の起伏をコントロールできない場合もあり、こうなると外出もままならなくなってしまう方も少なくありません。

クリニックで更年期障害と診断されれば、ホルモン療法などが保険適用で受けられるので、少なくなってしまっている女性ホルモンを補うことができ、辛い症状がかなり落ちつくといわれています。ホルモン療法は定期的に検査を受けながら行う分には、がんのリスクも減らせるので、安心して受けてみましょう。

更年期障害の症状


メニュービルダークリニック