本文へスキップ

更年期障害の原因について

更年期障害の原因

更年期障害の原因

近年では、様々な媒体を通して取り上げられることも増えてきている更年期障害。
一昔前までは婦人科医ですらあまり知られておらず、次々と襲われる様々な身体と心の不調に、一人苦しんでいた女性も多かったものですが、今ではこういった症状が広く知られるようになり、周囲の理解も得られるようになるとともに、適切な治療法も確立されつつあるので、それほど心配しなくてもよい時代になっています。

更年期障害とは、加齢とともに卵巣機能が低下し、女性ホルモンの産生が急激に減少することが原因で、主に閉経の前後約十年間に現れる様々な不具合で、日常生活にも支障をきたすようになっている状態を指しますが、この症状の現れ方には非常に個人差が大きいといわれています。
女性には毎月生理という習慣があり、この生理についても一人一人違いがあるといわれていますが、更年期症状もまったくなにも感じないまま老年期に移行したという恵まれた方もいれば、突然の発汗やのぼせ、動悸や頭痛、肩こりや吐き気、イライラや不安感など、肉体的にも精神的にも辛い症状が重なり、うつ病を発症してしまうほど酷く、更年期障害をわずらわっていた時期も非常に長かったという不運な方もいます。

最近では避妊薬として知られている低用量ピルを用いた薬物療法も一般的となっており、女性ホルモンを補うことで、随分と辛い症状が緩和されるようになっています。市販のサプリメントを服用するよりも効果が高いので、ぜひ試して見ましょう。

更年期障害に悩む女性


メニュービルダークリニック