本文へスキップ

更年期障害の対策・改善法について

更年期障害の対策 改善方法について

更年期障害とは

  • 更年期障害とは

更年期障害とは、女性の場合卵巣機能が衰え始め女性ホルモンの分泌が減少してしまう閉経を迎える前後期間に起こるさまざまな障害のことをいいます。更年期障害は女性ホルモンが減少することによって、脳の自律神経の調節中枢機能が変化するためにさまざまな症状が起こってしまいます。
症状としては、火照りやのぼせ、動悸や多汗、めまいや肥満、むくみや痩せ、冷え性のほか、月経周期が不規則になってしまったり不正出血が起こる、息切れや不眠などの身体的な症状やイライラや憂鬱、不安や怒りなどの精神的な症状も現れます。

更年期障害対策

更年期障害を予防するためには規則正しい生活やストレスを溜めないように心がけることが大切です。
急に生活を変えるのは難しいと言う場合には、食事にホルモンバランスを整える作用が高いビタミンEを取り入れたり、女性ホルモンと似た働きのある豆乳や豆腐などの大豆イソフラボンを含んだ大豆製品を積極的に取り入れることなどがおすすめです。女性ホルモンが減ると骨の量も減ってしまい骨が脆くなる骨粗しょう症になりやすくなるため、意識してカルシウムを取ることを心がけることも大切です。
また、適度な運動は自律神経のバランスを整えて、呼吸器や循環器にも良い刺激を与えることができるようになります。
ほかにも、更年期障害に効果のあるサプリメントに頼ったり、症状が酷いときには医師に相談することも健やかに過ごすためには良いとされています。

メニュービルダークリニック